Translatopn

Trados(トラドス)の活用

Trados(トラドス)は、トラドス社が開発した翻訳支援ツールであり、自動翻訳ソフトではありません。翻訳作業はあくまで翻訳者が行います。主に、Microsoft WORDや、Adobe FrameMakerあるいはInDesignなどのファイルの翻訳の場合で、数百ページにおよぶような大型案件や、似たような表現の繰り返しが多く定期的に改訂のあるマニュアルなどの翻訳を行う際に、翻訳結果の統一性を保ち、納期の短縮や翻訳コストを低減させるツールです。
Trados(トラドス)の翻訳メモリ機能とは
翻訳作業を行いながら、原文(元原稿)と訳文(翻訳結果)をデータベースに蓄積していきます。翻訳作業中に、翻訳メモリに登録されている語句や原文が再び出てきた際には、自動的に訳文(過去の翻訳結果)が呼び出されくる機能です。
Trados(トラドス)の活用は、翻訳結果の統一性を保ち、翻訳の品質を向上させます。
翻訳メモリに登録されている語句や文章が出てきた際に、過去の翻訳結果が呼び出されてきますので、翻訳結果の統一性が保たれ、翻訳の品質を向上させるだけでなく、翻訳スピードのアップにもつながります。
Trados(トラドス)の活用は、翻訳料金の割引につながります。
翻訳作業中に翻訳メモリに登録されている語句、文章とのマッチングがあった場合には、マッチングの比率に応じて翻訳料金を割り引きいたしておりますので、翻訳費用の低減につながります。割引率の詳細などにつきましては、営業窓口までお問い合わせください。
翻訳言語
取扱分野
中国語
Trados
事例
お問い合わせ