コラムCOLUMN

Wordで改ページ機能を活用する。

  • マニュアル制作(DTP)
  • 2014.5.13

Wordで改ページ機能を活用する方法をご紹介します。

Wordでマニュアル編集をする際、ページの上部で段落が終了してしまうケースがあります。
そのまま、Enter(改行)を押し続けても次ページを作成することができますが、改行マークがひたすら続き、見た目にも美しくありませんし、次ページの最初の行が固定されません。

そんな時は、段落終了した場所にカーソルを合わせ、「ページレイアウト」タブ→「区切り」→「改ページ」
Word_改ページ

を押すことで、次ページが自動で作成され、次ページの文頭にカーソルが移動します。

そこから、また新たな項文章を挿入していけば、前頁で文章の増減があった場合などでも文頭は固定されたままとなり、また、延々と改行マークが続くこともありません。

ちょっとしたことですが、大量のページ数になるマニュアルでは、加筆修正のたびにページの文頭がずれることは避けたいですね。