コラムCOLUMN

とにかくアウトライン

  • コラム
  • 2014.9.1

印刷工場や出力センターに入稿する時に、文字はアウトラインを取って入稿するのが一般的です。
イラストレータで作ってあれば簡単ですが、InDesignを入稿したい場合はどうするのか?

出力センターにはあらゆるフォントが揃っているので問題になる事は少ないですが、印刷工場の窓口となる担当者には一途な人も居て、「アウトラインを取って下さい」と繰り返します。
InDesignにもアウトラインを取る機能はありますが(書式→アウトラインを作成)、ページ物の場合ノンブルが失われてしまうので使う事はできません。
・全ページ上のテキストを一度にアウトラインにできない。
・自動ノンブルは失われる。
・丸や四角などオブジェクト内に置いたテキストを
アウトライン作成すると文字だけになってしまう。

InDesignと共に確認用プリントアウトや確認用pdfを付ければ受けてもらえる事もありますが、上記のような理由からInDesign入稿をあきらめ、InDesignから出力用のpdfを書き出して、pdfで入稿したほうが無難です。

書き出すpdfを「アウトライン済み」のpdfとして書き出す方法は、

過去ログ

を参照してください。