コラムCOLUMN

Acrobatのテキスト認識機能(Mac)

  • コラム
  • 2014.10.15

イラストレータ上で文字がアウトラインになっていた場合に、(完ぺきではありませんが)テキストを作ってしまう方法をご紹介します。

新規イラストレータに該当する部分をペーストします。
01_Illustratorにolをペースト
ここでアウトラインオブジェクトを拡大しておくと、認識率は上がります。

イラストレータを「別名保存」でpdf化します。
02_別名保存でpdf化

03_別名保存の内容
プリセットは「Illustrator初期設定」でOKです。

出来上がったpdfを、今度はアクロバットで開いて、右上にある【ツール】→【テキスト認識】→【このファイル内】を選びます。
04_Acrobatで開いたところ

テキスト認識のウィンドウが出てきますので右下の【編集…】を押して言語を指定します。
05_txt認識設定

【OK】を押してすぐに(テキスト選択ツールに変わっているはずです)全選択します。
上手く出来なかった場合は「テキストと画像の選択ツール」に変えてから【編集】→【全てを選択】を選んでください。
06_出来上がったtxtを全選択
全選択した状態

【編集】メニューから【コピー】を選び、エディターにペーストしてみます。
07_エディターにペースト

エディターにペーストしたところ

[ İ ]であるべき所が[ • I ]にされているので、「文字ビューア」で入力し直して出来上がりです。

08_文字ビューア
09_ダブルクリックで入力

(ダブルクリックで入力)