丸中印刷50年の歩みHISTORY

会社沿革

1960年代初頭

創業者 故 石井威雄は、学生時代から独学で英語を学び、英語力を活かして米軍基地で通訳等に従事していた。

1961年

東京都品川区に、有限会社 丸中印刷を設立し、印刷・製本事業を開始。創業者 石井威雄の英語力を活かし、当時としては珍しい、英語に強い印刷会社として事業を展開。

1960年代後半

大手電機メーカーの、民生機器としては初めての輸出品だった、トランジスタラジオの英文マニュアル作成を受注する。

1970年代

製造業、特に電気メーカーの顧客が増え、取扱説明書の制作、印刷、製本が主な事業となる。その中で、主に「外国語に強い印刷会社」として、英語をはじめとした世界各国語のマニュアル作成を主に受注。

1979年

丸中印刷株式会社へ改組。

1980年代

基幹事業の翻訳業務において、日本国内の翻訳者への委託では、デメリットを多く感じるようになり、外国(現地)のネイティブ翻訳者に翻訳を依頼するオペレーションへ移行する。

1985年

Aldus社(現 Adobe社)から、Macintosh上で組版を行うソフト、PageMakerが発売されたことにより、それまでの電算写植から、DTP(DeskTop Publishing)へと、印刷、組版業界にデジタル化の革命が起きる。
当社は、Aldus社でPageMakerの販売に携わり、日本の印刷業界にDTPを紹介、啓蒙、推進、普及させた方々と旧知であった為、まだ日本で数社しか導入していなかった黎明期から、Macintosh DTPを導入し、早い段階で電算写植からの切り替えを完了させていた。

1990年代

CD-ROMドライブ(ハードウェア)を開発、製造、販売されていた顧客が、CD-ROMソフト開発、販売へ進出されたことから、
・CD-ROMマスタリング〜プレス
・CD-ROMプラケース用印刷物(バックカバー、ブックレット、インレイカード等)
・取扱説明書、保証書、各種ラベル類等、印刷物
・スペーサー、パッケージ企画、開発、製造
・製品化(アッセンブリー(商品組立)、シュリンクパッケージング)
・製品在庫管理、入出庫業務
など、印刷会社として単に印刷物資材を納入するということではなく、CD-ROMパッケージソフト製造全体に関し、幅広く受注するようになり、非紙製品の売上比率が増加する。

1990年代

PageMaker(DTP)の導入により、印刷物制作がデジタル化し、1つのデータからさまざまなファイルフォーマットやメディアに展開する、ワンソース、マルチユースが普及し、印刷データから、PDF、HTML、電子ブックデータ納品など、多様化したニーズに対応。

1997年

創業者 石井威雄 死去。 石井隆雄(現 代表取締役)就任。

2003年

ISO14001(環境マネジメントシステム)認証取得。

2016年

ISO27001(情報セキュリティマネジメントシステム)認証取得。

現在

さらに、翻訳、外国語の印刷物作成に力を入れ、常時20ケ国語以上のマニュアル作成に従事しながら、一方で、「製造業に特化した印刷会社(紙メディア専業)」から、印刷物にとどまらず「製造業のお客様のあらゆるニーズに幅広くお応えします」という営業展開で、現在に至る。